【六本木と比較】銀座のキャバクラ・クラブの客層まとめ

クラブのイメージが強い銀座

キャバ嬢として働いている人が、都内の他のエリアに移動するということはよくありますよね。

まずは経験を積んでから、さらなるスキルアップを求めて他の店舗に移るということです。

スキルアップをするためにはレベルの高いお店を選びますが、ハイレベルなキャバクラとクラブがあると言えばやっぱり銀座でしょう。

銀座は都内の中でも高級感があって、大人な街として知られています。
銀座にはキャバクラもありますが、イメージが強いのはクラブかもしれません。

それも会員制の高級なお店で、実力のあるキャバ嬢が揃っていると感じる人も多いのではないでしょうか。
そのため、ハードルが高いと思われがちです。

確かに一般的なキャバクラやクラブと比べると、レベルに差が出てきますからね。

こちらの記事では、銀座のキャバクラ・クラブについてまとめたので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

六本木のキャバクラやクラブと比較

キャバクラやクラブなどが多いエリアの中でも人気が高いのは、六本木ですね。
お洒落な街で働きたいという人も多く、六本木でキャバ嬢になるというケースはよくあります。

同じく銀座も人気エリアですが、求人を探す際にどちらを選ぶか迷ってしまう人もいるはず。

エリアによってお店の雰囲気、客層など違いがあるので、まずは比較してみることが大事です。

比較してみて自分に合う方を選んでほしいので、ここからは六本木と銀座の違いを紹介してきますね。

銀座のクラブはさらに富裕層が多い

まずは、キャバ嬢にとって重要な客層から。
お店に来る客さんのタイプを知っておけば、対応の仕方などを事前に考えることができます。

六本木のキャバクラやクラブには、経済的に余裕のあるお金持ちのお客さんが多いです。
他のエリアにある大衆的なお店とは少し違って高級感があるので、そういったお客さんが多い傾向にありますね。

対して銀座のクラブは、それよりもさらに富裕層が多いです。
特に会員制の高級クラブは料金も高めで、一度の利用で高額のお支払いになることも。

上質な時間を過ごすことを目的として来店するので、一流のお客さんばかりです。

そして、年齢層に関して言うと、どちらも比較的高めですね。
落ち着いた雰囲気の方が多く、ゆったりとした時間を好みます。

そのため、賑やかで元気なタイプのキャバ嬢は、あまり向かいないかもしれません。

六本木に比べ品性や知性が求められる

先ほどお伝えしたように、銀座には年齢が高めのお金持ちのお客さんが多いです。

日常生活でも上品な暮らしをしている人ばかりですし、お店でもそれなりの接客を求められます。

そのため、ある程度の実力がなければ、お客さんに満足してもらえない可能性が高いです。

六本木でも同じように求められますが、銀座ではより品性や知性が重要になってきます。

日常的な会話もすることはありますが、難しい内容を話すことも多いです。

知性がなければ話についていけませんし、お客さんを楽しませることができません。
そのため、様々な知識を身につけておくことが大事ですね。

そして、どうしたら満足してもらえるかということをすぐに判断すること、それを焦らず余裕をもって実行できる力も必要です。

銀座のクラブではお店の雰囲気に合う、落ち着いていて品のある女性が好まれます。

関連記事:「銀座のキャバクラ・クラブの給料相場

まとめ:特別な理由がなければ六本木の方がおすすめ

大衆的なお店と比べるとどちらもレベルが高いですが、銀座の方が求められることも多くて大変です。

大変な分成長できるのは間違いないですが、自分自身に自信がないという方にはあまりおすすめできません。

どうしても銀座でなくてはならない特別な理由がなければ、六本木で働く方がおすすめです。

違いはあっても仕事の内容は基本的に同じですし、キャバ嬢として経験を積めることは変わりませんからね。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!