ハードルが高い?未経験者が六本木のクラブで働くのが難しい理由

ナイトワーク未経験者が六本木のクラブで働くのは難しい

「高時給で稼げる」「華やかで憧れる」などの理由から、ナイトワークに興味を持つ人もたくさんいますよね。

夜の仕事は勤務時間が夕方~ということもあり、学生や仕事を掛け持ちしている人でも働きやすいです。
時間の融通がききやすく、高収入というのが人気の理由かもしれませんね。

ナイトワークにも様々な種類がありますが、その中でもクラブはハードルが高いというイメージが強くないですか?

会員制の高級店もありますし、キャバクラやガールズバーと比べると接客が難しそうだと思ってしまいますよね。
特に夜の仕事が未経験だと、なおさらそう感じてしまうのではないでしょうか。

都内の中でも人気エリアである六本木にもクラブはたくさんありますが、未経験で働くというのは少し難しいかもしれません。
なぜ、未経験者は難しいのか、その理由をこれから紹介していきます。

既に経験を積んだ人がクラブに転職するケースが多い

お店によっては求人に「未経験者歓迎」と書いてあることもありますが、実際経験者が転職してくることが多いです。
クラブに限らず、キャバクラやガールズバーなど、他のナイトワーク経験者ということですね。

六本木の高級クラブはやっぱりレベルが高いので、スキルアップとして転職する女性がたくさんいます。
一般的なお店とは接客の質に差がありますし、さらに成長したいと感じる人が多いのかもしれません。

それから、キャバクラやガールズバーは一般的なアルバイトよりも時給が高いですが、働いているうちに「もっと稼ぎたい」という欲も出てきます。

特にナイトワークは自分の頑張り次第で稼げる額が変わってくるので、さらに上を目指したい気持ちになりやすいのでしょう。

特にキャバ嬢はすでに接客の経験を積んでいるので、大体のノウハウはわかっています。
クラブに転職しても今まで培った経験を活かせるというのが、キャバ嬢の有利な点かもしれません。

そもそも採用にいたらないケースが多い

ナイトワーク未経験者には難しいというのは、単純に採用されにくいという理由もあります。
応募者が全員採用されるわけではありませんし、お店側もきちんと面接で見極めますからね。

六本木のクラブは高級店も多く、お店の質を維持し続けなくてはいけません。
来店するお客さんはハイレベルな接客を求めていますし、その要求を満たす必要があります。

お客さんの求めているものを満たすためには、ハイレベルなキャバ嬢を揃えなくてはいけないということ。

経験を積んでいるからこそクオリティの高い接客を提供できるので、未経験ではなかなか難しいのです。

たとえやる気があったとしても、やる気だけではカバーできないこともあります。
ある程度の実力がなければ、お客さんに対して失礼になってしまいますからね。

それを防ぐためにも、未経験者は採用しないというお店も存在するんです。

未経験者はキャバクラかガールズバーから始めるのがおすすめ

ここまで読んでいただいてわかる通り、未経験のまま六本木のクラブで働くというのは厳しいです。
でも、中には諦めきれないという方もいるはず。

そういう場合は、まず他のナイトワークで経験を積むことをおすすめします。
未経験では難しいのなら、経験を積んでからチャレンジしてみましょう。

同じ夜の仕事でもあるキャバクラやガールズバーで、接客スキルを身につけていくと良いかもしれません。
お酒の作り方や会話の仕方など、学べる部分はたくさんありますよ。

しかし、そもそも夜の仕事が未経験だと、キャバクラとガールズバーでさえ不安という人もいるかもしれません。
そんな人におすすめしたいのが、「体験ガールズバイト」というサイトです。




今すぐキャバクラ・ガールズバーのバイト情報をチェック♪

こちらはナイトワーク専門の求人サイトで、数多くの求人が掲載されています。
求人以外にもキャバ嬢の仕事内容や、Q&Aなど、ためになる情報が満載。

初めての方でも安心して求人を探すことができますよ。

まとめ

・六本木のクラブはレベルが高めなので、未経験者が働くのは難しい
・キャバクラなどで経験を積んだキャバ嬢が、スキルアップのために転職するケースが多い
・お店の質を維持するために、未経験は採用しないというお店もある
・まずはキャバクラやガールズバーで経験を積むのがおすすめ

お店によっては未経験でも働けるところもありますが、やっぱり経験を積んでいないと難しいでしょう。

もし六本木のクラブで働きたい気持ちがあるなら、キャバクラかガールズバーで働いてからチャレンジすることをおすすめします。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!