キャバクラよりも楽?六本木のガールズバー事情をまとめてご紹介

六本木のガールズバーってホントに楽?

女性が就く職業の中でも高収入と言われているのが、夜の仕事です。

キャバ嬢のように華やかで高収入な部分に惹かれる人も多く、人気が高まっています。
ただ、華やかな一面だけではなく、厳しい世界であることは間違いありません。

「憧れはあるものの、厳しく難しい世界に入っていくのが不安」という人もきっといるでしょう。
そこでおすすめしたいのが、ガールズバーです。

ナイトワークではありますが、カジュアルな雰囲気があるため、そこまで身構える必要はありません。

都内の中にも数多くのガールズバーがありますが、その中でも人気が高いエリアは六本木です。
もしかしたら六本木で働きたいと思っている方もいるのではないでしょうか。

ガールズバーに興味があってこれから求人を探そうとしているのであれば、まずは六本木のガールズバー事情を知っておきましょう。
事前に知識をつけておけば、より求人を探しやすくなるはずです。

客層について

求人を探す前に知っておくべきことの中でも重要なのは、客層です。

どんなお客さんが来るのか知っておけば、自分に合うかどうか判断しやすくなります。
人それぞれ性格が違うので、合うと感じることもあれば、合わないと感じることもあるでしょう。

ですので、客層だけで決めるのはおすすめしませんが、一つの判断材料として考えてください。

では、六本木のガールズバーに来るお客さんについてですが、まず年齢層は比較的若めですね。

ガールズバーは料金がリーズナブルということもあり、誰でも気軽に入りやすくなっています。

そのため、年齢が若い人でも来店しやすいのです。
割合としては男性のお客さんが多いですが、女性のお客さんもいます。

付き合いで来店する場合もあれば、お酒と会話を楽しみたいという方も。
カジュアルな雰囲気があるので、女性だけでも入りやすいというのが特徴ですね。

給料相場について

みなさんが気になるのは、やっぱり給料についてではないでしょうか。
高収入と言われているナイトワークの中でも、ガールズバーはどのくらいなのか知っておきたいですよね。

エリアによって相場は変わってくるのですが、六本木は比較的高めになっています。

時給相場は2500円~3000円ほど。
ナイトワークにしては低めだと感じるかもしれませんが、一般のアルバイトよりは高いですね。

例えばですが、時給2500円で一日5時間働いたとして、日給12500円になります。
月に20日働くと25万円です。単純に計算してみましたが、それなりに稼ぐことができます。

さらに、時給以外にもバックがつく店が多いです。
バックがあれば自分が頑張った分だけ、給料に上乗せされます。

お店によってバックの有無、種類が違うので、事前に確認しましょう。

クラブやキャバクラとの比較

「ガールズバーはクラブやキャバクラと比べるとどうなのか」というのは、すごく気になりますよね。

働きやすさや給料面など違いがあるので、そういった部分もチェックしておきましょう。
まずは働きやすさについてですが、接客のしやすさに関して言うと、ガールズバーが一番気楽に働けるかもしれません。

お酒を作ってお客さんに提供、会話をするというのは同じですが、求められる接客力が違います。
会員制のクラブでは特にマナーが重視されますし、キャバクラでもある程度のマナーは必要です。

対してガールズバーはカジュアルな雰囲気ですので、マナーよりも楽しさなどの充実度が重要になってきます。
もちろん人として大事なマナーは身につけておくべきですけどね。

「接客業が未経験で、自分の実力に自信がまだない」という方や、「気楽に自分のペースで働きたい」という方はガールズバー向きでしょう。

そして、給料面についてですが、クラブやキャバクラに比べると低めです。
時給は数千円の差が出てきますし、稼げる額も違ってきます。

自分の頑張り次第で給料を増やすことはできますが、よりたくさん稼ぎたい人はクラブやキャバクラの方が良いかもしれません。

まとめ

六本木のガールズバーに興味がある女性必見の、ガールズバー事情について紹介してきました。
最後に大事なポイントをまとめていきます。

・料金がリーズナブルということもあり、年齢が若めのお客さんが多い
・時給相場は2500円~3000円と、クラブやキャバクラに比べると低め
・求められる接客のレベルがそこまで高くないので、気持ち的に楽に働ける
・給料にこだわりがなく、楽に働きたいという人はガールズバーが向いている
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!